洗顔のし過ぎは厳禁

未分類

思春期ニキビにとって洗顔のし過ぎは厳禁です。もちろん清潔を保つことは重要ですが、洗顔のしすぎによって生じるデメリットは余りも大きいです。正しい洗顔を身に付けることで思春期ニキビ対策に繋がると言えることができるでしょう。

セルフケアそもそも、ニキビは肌が汚れているからできるものとは限りません。肌の表面には水分と皮脂とで肌を守る働きをしているのですが、一日に何度も何度も洗顔を行うことで、この肌本来が持っているバリア機能が壊れてしまいます。そのため、洗顔はどれだけ気になっていても朝と夜の二回程度に分けるのが無難です。また、そのときにはゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、たっぷりの泡を顔の上で転がすようなイメージで洗うように心がけてください。洗顔した後には保湿ケアを忘れずに行うようにして水分が蒸発してしまうのを防ぎましょう。また、スクラブ入り洗顔料は洗い心地がしっかりとしていて気持ちが良いですが、これも刺激が強過ぎるため思春期ニキビのケアにはオススメできません。週に一回か二回に抑えておくのが良いでしょう。

洗顔は思春期ニキビのセルフケアは基本中の基本と言えます。また、化粧水が浸透しやすいニキビを防ぐスキンケアなどもあります。その基本をしっかりと抑えて思春期ニキビの悩みを無くすようにしましょう。