思春期ニキビの原因

未分類

思春期ニキビの原因とは一体なんでしょうか。10代の繊細な感情の大きな悩みになることが多い思春期ニキビ。外見が気になる年頃にとっては、思春期ニキビで生活の多くが楽しめない原因になってしまっても仕方がありません。この手強い思春期ニキビは何故できてしまうのでしょうか。

ホルモンバランスが変化思春期ニキビは成長期のホルモンバランスが変化することで、皮脂が過剰に分泌されることで発生してしまうと言われています。その過剰な皮脂が古い角質と一緒に毛穴を詰まらせると、皮脂線に皮脂が溜まりアクネ菌が異常に増殖します。これがニキビになってしまうのです。また、正しくスキンケアを行っていないと乾燥が進んでしまって肌のバリア機能が乱れる可能性があります。これも皮脂の分泌を増やすきっかけになる可能性があります。

思春期ニキビはできやすい場所にも特徴があります。大人のニキビの場合は頬やアゴ辺りを示すUゾーンにできることが多いですが、思春期ニキビは皮脂の分泌が激しい、額から鼻にかけてのTゾーンにできる場合が多いです。

成長過程に置いて必要なホルモンバランスの変化。それによって思春期ニキビが発生することが分かりました。その皮脂の分泌を適切に管理し、しっかりとケアすることが思春期ニキビ対策に繋がるといえます。