病院へ行ってケアしよう

未分類

病院重い思春期ニキビは病院へ行って、しっかりとケアしましょう。ニキビが気になるから病院へ行くというのは大袈裟だと感じる人もいるかもしれませんが、重度の思春期ニキビの場合、病院へ行くことで問題が解決することが多々あります。

まず、重度の思春期ニキビはしっかりとしたスキンケアや食生活、ストレスなどに気をつけても治らない場合があります。その原因は思春期ニキビ特有の原因であるホルモンバランスの異常のためです。医師の診断により正しい治療を行えば、治らなかった重たい思春期ニキビも改善へ向かうケースが多いと聞きます。皮膚科でも治らない場合でも、保険の利かないアキュテインと呼ばれる重症ニキビの治療薬やホルモンバランスを整えるホルモン治療などがあります。

ニキビの治療を放っておいたら、どうなるのでしょうか。もちろん命を落としたり健康を害したりするリスクは少ないです。しかし、大人になってニキビが治ったとしても、その後はなかなか治りません。凸凹のニキビ跡を消すために莫大な費用がかかる場合があります。だからこそ、思春期ニキビは正しくケアする必要があるのです。

もしも今重症の思春期ニキビに悩んでいる人がいたら、迷わず病院へ行きましょう。それが未来の自分を救う第一歩になるかもしれません。

思春期ニキビの原因

未分類

思春期ニキビの原因とは一体なんでしょうか。10代の繊細な感情の大きな悩みになることが多い思春期ニキビ。外見が気になる年頃にとっては、思春期ニキビで生活の多くが楽しめない原因になってしまっても仕方がありません。この手強い思春期ニキビは何故できてしまうのでしょうか。

ホルモンバランスが変化思春期ニキビは成長期のホルモンバランスが変化することで、皮脂が過剰に分泌されることで発生してしまうと言われています。その過剰な皮脂が古い角質と一緒に毛穴を詰まらせると、皮脂線に皮脂が溜まりアクネ菌が異常に増殖します。これがニキビになってしまうのです。また、正しくスキンケアを行っていないと乾燥が進んでしまって肌のバリア機能が乱れる可能性があります。これも皮脂の分泌を増やすきっかけになる可能性があります。

思春期ニキビはできやすい場所にも特徴があります。大人のニキビの場合は頬やアゴ辺りを示すUゾーンにできることが多いですが、思春期ニキビは皮脂の分泌が激しい、額から鼻にかけてのTゾーンにできる場合が多いです。

成長過程に置いて必要なホルモンバランスの変化。それによって思春期ニキビが発生することが分かりました。その皮脂の分泌を適切に管理し、しっかりとケアすることが思春期ニキビ対策に繋がるといえます。

洗顔のし過ぎは厳禁

未分類

思春期ニキビにとって洗顔のし過ぎは厳禁です。もちろん清潔を保つことは重要ですが、洗顔のしすぎによって生じるデメリットは余りも大きいです。正しい洗顔を身に付けることで思春期ニキビ対策に繋がると言えることができるでしょう。

セルフケアそもそも、ニキビは肌が汚れているからできるものとは限りません。肌の表面には水分と皮脂とで肌を守る働きをしているのですが、一日に何度も何度も洗顔を行うことで、この肌本来が持っているバリア機能が壊れてしまいます。そのため、洗顔はどれだけ気になっていても朝と夜の二回程度に分けるのが無難です。また、そのときにはゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、たっぷりの泡を顔の上で転がすようなイメージで洗うように心がけてください。洗顔した後には保湿ケアを忘れずに行うようにして水分が蒸発してしまうのを防ぎましょう。また、スクラブ入り洗顔料は洗い心地がしっかりとしていて気持ちが良いですが、これも刺激が強過ぎるため思春期ニキビのケアにはオススメできません。週に一回か二回に抑えておくのが良いでしょう。

洗顔は思春期ニキビのセルフケアは基本中の基本と言えます。また、化粧水が浸透しやすいニキビを防ぐスキンケアなどもあります。その基本をしっかりと抑えて思春期ニキビの悩みを無くすようにしましょう。

思春期ニキビのスキンケア

未分類

10代というのは多くのことに心を悩ませがちです。人間関係や進路、恋愛や家族など、さまざまな事柄が心の負担になってしまいます。その中でも外見の問題は特に重要です。思春期ニキビは顔に表れてしまうこともあって、大きなストレスの原因になることでしょう。

思春期ニキビでは、一体何故思春期ニキビができるのでしょうか。それは成長期のホルモンバランスの変化により皮脂の分泌量が増加します。その皮脂線に古い角質と皮脂が詰まることでアクネ菌が異常に増えることでニキビが発生します。対策として正しい洗顔を行うのが良いですが、一日に何度も行えば良いというわけではありません。泡を顔の上で転がすように、優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシと力強く洗ってはいけません。大切な肌のバリア機能が壊れてしまうからです。しかし、どれだけしっかりとスキンケアしていても、ホルモンバランスが大きく関わってくる思春期ニキビは治らない場合があります。重症の思春期ニキビは病院で治療するようにしましょう。

専門的な皮膚科の受診によって完治を目指せば、いろいろな治療法を試すことができます。大人になってニキビの発生が収まっても、そのニキビ跡は残ってしまいます。ニキビ跡を治すには莫大な費用と時間がかかってしまう場合があるので、是非とも早めの治療をオススメしたいです。

悩みを多く抱える10代にとって、一つでもその心配が減れば、どれだけ人生が豊かになるか分かりません。ここでは思春期ニキビについて書かせていただきました。その悩みの解決に役立てれば幸いです。